不眠症対策委員会|原因を究明して眠れる毎日を!

不眠症対策!原因を究明して眠れる毎日を!

体いっぱい動かしていた若いころには、夜になれば疲れ切って眠ることなど当たり前のように出来ていたと思います。
 
しかし、社会に出るようになり、毎日体力的にも精神的にも疲れているはずなのになかなか眠れないという人も多いのではないのでしょうか?
 
これがまさに不眠症という睡眠障害の代表的症状です。
 
不眠症にも様々な種類があり、寝付くのに時間がかかるタイプと寝付いても眠りが浅く、長時間続けて眠ることが出来ないなど、人により症状が異なります。また、原因もそれぞれ異なります。
 
これらの症状を改善するための対策には何個か方法があります。
まずは布団に入る時間をなるべく同じ時間帯にすることが大切です。
 
毎日同じ生活リズムを続けることで一定の時間に眠気が来るように体に覚えさせる必要があります。
 
そして次の対策ですが、お風呂に入ったら湯船にしっかりと入ることが大切です。
人は体が温まり、冷えてきたタイミングで眠気を感じる様に体が出来ています。
 

ですので、シャワーのみでは体がしっかりと温まらず、眠気を起こす力がやや弱いのです。ですので、しっかりと湯船に入ることで体を温めるのと同時にリラックスして気持ちを落ち着ける効果もありますので、湯船につかり、その後は体が冷える前に布団に入っていただくことが大切です。
 
そして最近ではテレビやスマホを寝る直前まで見ている人がほとんどだと思いますが、この行為が不眠症を進める原因となり悪循環な行為になっています。
 
対策としては眠りたい2時間前にはテレビを消し、スマホを見るのをやめて、読書をしたり、ストレッチをしたりして体をリラックスるする事をお勧めします。
 
更には部屋の明かりをやや暗めに設定することで、体にそろそろ眠る時間だと分からせることが出来ます。コーヒーなどのカフェインが含まれている飲み物も眠れない原因となっているので、ほどほどの量を摂取することにしましょう。
 
これらの対策はコストも道具も必要がありませんが、それでも不眠症が全く良くならないという人もたくさんいると思います。
 
そういったときには病院で診察を受け、睡眠薬を試してみるというのも一つの手だと思います。
睡眠薬と言っても依存性の低いものもたくさんありますので、あまり深く考え込まずに一度服用してみることも重要です。